FC2ブログ
2020年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2010.02.01 (Mon)

出世の石段

今日は愛宕神社(東京港区)の前を通ったので久しぶりに行ってみることに。

ここには「出世の石段」呼ばれている物凄い急勾配の石段があります。

子供の頃にお神輿をかついで上った記憶あり・・・

でも、なんで「出世の石段」と言われているのかを知りたく、改めて訪れることにしました。

これが その石段。

1_convert_20100131232707.jpg

写真で見るより実際はもっと怖いですよ。

子供の頃はもっと怖く感じたのを覚えています。

それで、、、

「出世の石段」の由来なのですが、

その由来

時は寛永11年、

江戸三代将軍、家光公が将軍家の菩提寺である芝の増上寺にご参詣のお帰りに、ここ愛宕神社の下を通ったときのこと。

家光公が、石段上にある梅を目にされ、「誰か、馬にてあの梅を取って参れ!」

と命ぜたそうです。

この愛宕山の石段はとても急勾配です。

下手すれば、命を落しかねない、命がけの梅取りです。

それを見事やってのけたのが、四国丸亀藩の家臣で曲垣平九郎(まがき・へいくろう)。

平九郎は見事、馬にて石段をのぼり降りし、家光公に梅を献上したそうです。

平九郎は家光公より「日本一の馬術の名人」と讃えられ、

その名は一日にして全国にとどろいたと伝えられております。

このことから、愛宕神社正面の坂(男坂)を「出世の石段」と呼ぶそうです。

しかし、すごいですね~

あの石段を馬で上がるとは・・・

私は馬ではないですけど、子供の時分にあの階段をお神輿かつで上ったので、出世するといいなぁ・・・(笑)

階段の上には愛宕神社があり、

2_convert_20100131232738.jpg

3_convert_20100131232822.jpg

お参りをし、

おみくじをやってきました。

何と「大吉」!!

大吉の上は無いので、良くないって言う人もいますが、

大吉の上には「特吉」もあるからって

でも今日は1日暖かくいい日でした。

勉強になったかな。

「大吉」→「特吉」→「超特吉」になるように努力しなくちゃ




【一般レンタカーの半値以下】東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県でのウィークリー・マンスリーでの法人向けレンタカーならば

ビジネスレンタカー・ディープレストにお問合わせ下さい。

軽バンから8人乗りワゴンまで御社様のニーズに合わせた車種を取り揃えております。
ディープレストの法人向けレンタカーは格安ではありますが、
大手ビジネスレンタカーと同程度、もしくはそれ以上の保険、保障を実施しております。




スポンサーサイト



00:03  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://dpresto.blog96.fc2.com/tb.php/55-fb6fec10

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |